シンポジウム「万博と芸術:バルセロナ、ウィーン、パリ」

“L’Exposició Universal de Barcelona (1888) i el Japonisme” (1888年バルセロナ万博とジャポニスム) és el títol de la conferència central que donaré el pròxim 19 de juliol en ocasió del simposi Exposicions Universals i Art: Barcelona, Viena, Paris (万博と芸術:バルセロナ、ウィーン、パリ), al Museu Nacional d’Art Occidental de Tokyo (国立西洋美術館).

来たる7月19日、スペイン・ラテンアメリカ美術史研究会設立20周年を記念して、シンポジウム「万博と芸術:バルセロナ、ウィーン、パリ」を開催いたします。

シンポジウム「万博と芸術:バルセロナ、ウィーン、パリ」

【日時】  7月19日(日) 13:00~17:00 (12:30 受付開始)
【会場】  国立西洋美術館 講堂 (企画展示館地下2階)
【主催】  スペイン・ラテンアメリカ美術史研究会、国立西洋美術館
【後援】  美術史学会、ジャポニスム学会

【プログラム】
13:00~13:05  代表挨拶 岡田裕成 (大阪大学)
13:05~13:15  国立西洋美術館長挨拶 馬渕明子
13:15~13:25  趣旨説明 木下亮 (昭和女子大学)
13:25~14:25  基調講演 リカル・ブル (博報財団招聘日文研研究者)
「1888年バルセロナ万博とジャポニスム」(英語による講演、和訳要旨配布)
14:25~14:35  休憩
14:35~15:05  研究発表1  伊藤喜彦 (東海大学)
「ドゥメナク・イ・ムンタネー初期作品の展開とバルセロナ万博」
15:05~15:35  研究発表2  寺本敬子 (跡見学園女子大学)
「1867年・1878年パリ万博とジャポニスム」
15:35~16:05  研究発表3  海老澤模奈人 (東京工芸大学)
「1873年ウィーン万博と都市、建築」
16:05~16:15  休憩
16:15~17:00  パネル・ディスカッション

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s